【意外?】海外留学中に必ず食べたくなる日本食 私的5選!【飯テロ注意】

この記事は約7分で読めます。
日常まなぶ
日常まなぶ

ドイツ留学中に特に恋しくなった日本食をまとめました。やっぱ日本食最高ですね~。飯テロ注意です。


ドイツに交換留学していたにちじょーまなぶです。


今回は、海外に長期滞在すると無性に食べたくなる日本食についてまとめてきます。


留学前は、寿司とかラーメンとか食べたくなるだろうなぁ、と思っていましたが、これらは意外と日本食レストランとかで食べる機会があったので、それほど恋しくなりませんでした。


しかし、留学前は予想もしていなかった料理が恋しくなったので、これから海外へ初めて長期滞在する!という方の参考になればと思います。


それでは、いってみましょー!

この記事はおいしそうな日本食の画像を含んでいます。ご注意下さい。
スポンサーリンク

おにぎり

Embed from Getty Images


まずは定番かもしれませんが、やっぱり「おにぎり」が食べたくなりました。


留学中、当然ご飯が食べたくなるときがあるのですが、そういう時は炊飯器がなかったので鍋で炊いていました。
ご飯自体はスーパーで「Milch Reis」っていう日本米に似た感じのが売ってました。


で、鍋でご飯を炊くと、それだけで結構頑張った感というか、それ以上そのご飯に手を加えようっていう気が起きないんですよね。


なので、ご飯は月に二回程度、白飯で食らう、って感じでした。


そうなってくると、ひと手間加えたご飯料理が恋しくなってくるんですよね~笑


ひと手間加えたご飯料理ってなんだろう、って考えたときにチャーハンとか炊き込みご飯とか色々あると思うんですけど、僕が一番食べたいと思ったのはシンプルに「おにぎり」でした。


特に、梅おにぎり!梅干しも食べないので、目の前に出されたら輝いて見えたことでしょうw


梅干しは日本から少し持参できたら良かったなーと思いました。


そんな感じだったので、帰国後コンビニでおにぎりが買えることに感動してしまいましたw
というか、そもそもドイツにはコンビニないので、コンビニの最強さを改めて実感した瞬間でもありました。

スポンサーリンク

卵かけご飯


ところで、生卵は好きですか? 好きな人は海外に行ったら恋しくなるでしょう。


実は、生卵を安心して食べられるのは日本くらいなのです。


まず前提として、海外には生卵を食べる習慣がありません。 「生卵=危険」という認識です。

卵の殻には家禽の腸内に常在しているサルモネラ菌が付着している可能性が高く、食中毒の危険があります。


日本で生卵を食べられるのは、むちゃくちゃ厳しい品質管理工程を終えた上で出荷されているからなんです。日本人の生卵への愛はすごいですw


そんな生卵を使った定番料理?は、やっぱり「卵かけご飯」ですよね。


好き嫌いが人によってはっきり分かれる卵かけご飯ですが、僕は大好きで日本にいる時はほぼ毎日食べてました。


安心して卵かけご飯が食べられる幸せ、日本の品質管理に対する弛まぬ努力に感謝です。

スポンサーリンク

すきやき

Embed from Getty Images


3つ目は、世界の「Sukiyaki」ですね。


やっぱり冬になると鍋物が恋しくなるのが日本人ですが、その中でもダントツですき焼きテイストが恋しくなりました。


シチューとかカレーは学食とかでも食べられるんですけどねー、なかなか日本風の鍋物を食べる機会はありません。


また、すき焼きには、豆腐やしらたきなどなど、海外ではまず食べないものばかり。おまけに、生卵まで ( ̄▽ ̄)

すき焼き最強すぎです。

海外の長期滞在から帰ってきた家族や友人は、すき焼きでもてなして上げれば、間違いなく泣きます。ちょろいです。

焼き魚

Embed from Getty Images


4つ目は、やっぱりの「焼き魚」です。


そもそもドイツって魚料理ほとんどないんですよね。
食べてもサーモンムニエルかフィッシュフライ、酢漬けくらいです。


北欧とか、地中海の方へ行けば色んな魚料理を食べることができますが、それでも、日本のように魚を丸ごとグリルするような魚料理は、まず口にできないでしょう。


まず、海外の人からすると、頭や内蔵を取り除かずにグリルして食べること自体割とキツいみたいです。

でも、最近の居酒屋ブームで徐々に焼き魚の旨さが浸透してきているみたいですね。
どうしても食べたくなったら、日本食レストランにいけば食べることはできそうです。

和菓子

Embed from Getty Images


最後は、スイーツで締めです。「和菓子」は間違いなく恋しくなります。


料理の味付けなどは、アジアンショップで醤油やてりやきソースなどの調味料を調達できるので、それほど困りませんでした。


しかし、あるものを口にする機会は全く無かったのです。予想できなかった…


それは…、あんこです。


え?あんこ?、って思うかもしれませんが、あのソフトでなめらかな甘みは忘れた頃に恋しくなるものですよ。


しかも元々、僕はたい焼きや羊羹などの和菓子が大好物なので、留学中は食べたくて仕方なかったですね。コーヒーのお供は、やっぱり羊羹が至高です(持論)


なので、留学中に日本から旅行に来た友達に和菓子をいっぱい持ってきてもらいました笑

海外留学 食べたくなる日本食 まとめ


あくまで私的5選ですが、海外に行ったら食べたくなる日本食をまとめました。


人によって変わると思いますが、参考になればと思います。


今では世界中に日本食レストランやアジアンショップがあるので、ある程度は日本食を現地で用意できますが、やっぱりちょっと日本のと味が違ったり、高かったりするので、自分の好きな調味料など最低限は日本から持っていけると良いですよ~。


それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました