ドイツのお土産はスーパー&ドラックストアで完結!おすすめ10選!【コスパ最強】

この記事は約7分で読めます。
にちじょー

ドイツのリアルでコスパ最強なお土産はスーパーで調達すべし!品揃えも豊富です~。


今回は、ドイツ旅行の際、スーパーやドラックストアで買えるお得なお土産について紹介していきます。


スーパーでは、ドイツのリアルなお土産が安価で手に入るのでオススメです。
海外のスーパーに入ること自体、物価を調べたり、色々冒険できて楽しいですよね。


それでは、スーパー&ドラックストアで買えるドイツ土産を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドイツのお土産はスーパーとドラックストアにあり!


まずは、ドイツ国内にある主なスーパーとドラックストアを紹介します。

ドイツの主なスーパーとドラックストア

○主なスーパー
・REWE(レーヴェ)
・LIDL(リドル)
・ALDI(アルディ)
・PENNY(ペニー)
・EDEKA(エデカ)
・Real(レアル)
・Kaufland(カウフランド)
・Netto(ネット)


僕は一応このスーパーは全部行ったことありますが、普段はREWEかLIDLを利用してます。

REWEは品揃え豊富ですし、LIDLはディスカウントスーパーなので超安いです。プライベートブランドの純正ビールが500mLで35円くらいで売ってます。

○主なドラックストア
・dm(デーエム)
・Rossmann(ロスマン)
・Müller(ミュラー)


ドラックストアはdmがそこら中にあります。ドイツはオーガニックコスメ大国でもあるので、女性の方は是非行きたいですね!


また、ドイツのスーパーでの買い物の仕方は日本と異なる点が多いので、下の記事を参照して頂ければ問題なくショッピングを楽しめると思います!


スポンサーリンク

スーパーのお土産 その1:ビール


まず1つ目は、ドイツと言えばのビールです。
ドイツ国内にあるビールは5000種類を超えると言われており、スーパーにも各都市のブランドビールがずらりと並びます。


上はREWE内のビール売り場の写真です。色んな種類のビールがずらり。しかもブランドビールでも0.33L瓶1本1€しないです。日本では売ってないビールや、売ってても高価なものが手軽に飲めちゃいます。ちなみに僕はこの棚の左から順に1本ずつ全部飲みましたw


一方、こちらはLidlの格安オリジナルブランドビール。1本なんと0.3€!!しかも、普通に上手いです。発泡酒じゃなくて、ドイツのビール純粋令をクリアした正真正銘のドイツビールです。日本じゃ考えられないですね。


アルコール類は持込制限があるし重いので大量に買って持ち帰るというわけにはいきませんが、バラ売りしているので惹かれたビールを数本持って帰りたいですね。

スポンサーリンク

スーパーのお土産 その2:ワイン


ドイツはビールのイメージが強いですが、ワインも盛んです。ゲヴェルツトラミネールとか有名ですね。


ワインコーナーにはピンからキリまでずらりと並びます。ワインも安いのでよく買ってます。
こちらも重いのであまり多くは持って帰れませんが、ワイン好きの方は是非1本買って持って帰りたいですね。

スーパーのお土産 その3:コーヒー


コーヒーコーナーにはたくさんの種類のコーヒーがずらり。もちろん豆からインスタントまで揃ってます。


実は、ドイツはヨーロッパで最もコーヒー消費量が多い国だそうです。品揃えの良さにも納得。コーヒー大好きなので、どれが良いのかめっちゃ迷います。


有名なのは、ミュンヘンの高級デリカテッセン「Dallmayr(ダルマイヤー)」のコーヒーですが、「Jacobs(ヤーコブス)」なんかも人気です。

スーパーのお土産 その4:インスタント食品


結構おもしろいのがインスタント物ですね。日清のカップヌードルとかカップ焼きそばとかも売ってます。日本のと食べ比べてみるのも面白いです。
カップパスタとかも充実しています。


あとは、じゃがいも系のインスタント食品も新しくてオススメです。
ちょっと昔にじゃがりこにお湯入れてかき混ぜる食べ方が流行ってましたが、それの正規版みたいなカップ食品がおやつ感覚で食べれてお気に入りです。

スーパーのお土産 その5:スープ&ソースの素


スープやソースの素も充実してます。実は、日本でもおなじみの「Knorr(クノール)」はドイツ発祥の食品ブランドなんです。

日本に帰ってからもドイツの味付けを思い出せるので、料理好きな方にはオススメですね。

スーパーのお土産 その6:調味料


意外とオススメなのが調味料です。人にプレゼントしても実用的なので当たり外れが少ないですし、日本に帰ってからも結構長く使えます。


REWEはかなり調味料の品揃えも豊富です。上の写真のようなハーブ系なんかもどんな料理にも使えるので良いです。アクセントになります。


定番は塩ですね。Alpen Salz(アルペンザルツ)が人気というか、圧倒的シェア率でしょう。ハーブ入りやにんにく入りの塩もあります。


あとはマスタード(Senf)でしょうか。歯磨き粉のチューブみたいな見た目ですが、味は良いです。これを日本のホットドックにつけるだけでドイツを思い出せるかもしれません。

スーパーのお土産 その7:お菓子


海外のお菓子というとトリッキーなものを求めがちですが、ドイツのお菓子は割と普通で、日本人の舌にも合うと思います。


まずは、なんといってもハリボーですね。1€でたっぷり入ったハリボーが買えます。種類も豊富です。日本だと他のグミと比べると結構高価なので、ハリボー好きの方は爆買しましょう。


あとは、ポテトチップスとかチョコレートとか。
特にポテチは、北海道産じゃがいもが美味しそうに感じるのと同じく、ドイツ産じゃがいもも美味しく感じるかもです。


クリスマスシーズンだと色んな種類のクリスマス菓子が売り場を活気づけます。クッキーとかマジパンとかレープクーヘン(蜂蜜や香辛料が入った焼菓子)とかが安価で購入できます。クリスマスシーズンは片っ端からトライしてましたw


僕のお気に入りは「Domino Stein(ドミノシュタイン)」です。
ドミノシュタインとは上の断面図のように、マジパン、林檎やチェリーなどのフルーツゼリー、そしてレープクーヘンの3層をチョコでコーティングしたお菓子です。


真ん中のフルーツゼリーの酸味がおいしいです。見かけたら是非!

スーパー&ドラックストアのお土産 その8:紅茶


ビールやアルコール、コーヒーが苦手な方も結構いるはず。それなら、万人受けしやすい紅茶がオススメです。


さすがオーガニック大国だけあって、有機栽培された茶葉も数多く揃っています。


あと、ドラックストアだと「Erkältungstee(エアケルトゥングステー)」という風邪を治すための紅茶も売っています。

ドイツ人は風邪をひいたらまず紅茶で治すそうです。ドイツ人のルームメイトが風邪ひいた時もハーブティーで治してました。


今度風邪ひいたら試してみたいですね。風邪ひかないのが一番かw

ドラックストアのお土産 その9:ハンドクリーム


ドイツはビールやソーセージだけでなく、オーガニックコスメ大国でもあります。女性の方は是非ドラックストアに足を運んでみて下さい!


なかでもお土産に良いのはハンドクリームです。ドイツは乾燥するので、質の良いクリームが安価で売られているのでオススメです。


日本でもおなじみのNIVEA(ニベア)はドイツの化粧品ブランドです。僕もいつもお世話になってます。ベルリンにはNIVEAの専門店もあるので興味ある方は是非そちらも訪れてみてください~。


他にも、 RossmannのオリジナルブランドのISANA(イザナ)とかも高品質でオススメです。

ドラックストアのお土産 その10:歯磨き粉


最後に紹介するのは歯磨き粉です。


aronal & elmex(アロナール&エルメックス)は、朝と夜で使い分けるタイプの歯磨き粉です。ゴージャスすぎw
これも500円くらいで購入できちゃいます。日本だと軽く3倍以上はするので高級歯磨き粉です。高品質でオススメです。

ドイツ旅行のお土産はスーパー&ドラックストアで!


スーパーやドラックストア内のお土産について紹介してきました。


訪れた観光地のお土産屋さんで購入するのも楽しいですが、スーパーでも調達できるとお土産の幅が広がる上に節約もできるので一石二鳥ですね。


それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました